なぜいま中古パソコンが選ばれているのか

中古パソコンが求められる理由

大抵の場合、中古パソコンは発売から時間が経過してるためインストールされているOSが一つか二つ旧式のものです。
それでも中古パソコンを求める人がいるのは理由があります。使用していたパソコンが何らかの理由で使えなくなって、代わりのパソコンが必要となったけれど前のパソコンで使っていたソフトが新しいOSに対応していない場合など、特に古いOSが入った中古パソコンが入用になります。新品のパソコンを購入して古いOSをインストールすれば済むかもしれませんが、それだと余計に費用がかかるし面倒です。ソフトだけでなく周辺機器も対応OSがあるので、同じように中古パソコンが求められます。
パソコンショップや専門店ならば、中古パソコンであっても販売しても恥ずかしくない程度にキチンとメンテナンスがされているものです。購入時点の状態に戻しているためOSも再インストールされているはずですが、一応の確認は必要でしょう。
他にもバージョンアップされてしまったOSが使いづらいため、使い慣れた元のOSがインストールされているパソコンを求める人も意外と多いです。ことさら高いスペックを必要としていない業務に使うというならば中古でも十分ですし、何より新しいシステムに慣熟する手間暇がありません。
新しい製品は魅力的ですが、使う人にとって使いやすいことが道具として一番求められることなのです。

オフィスに中古パソコンを導入するメリット

中古パソコンを導入する一番のメリットは安価な価格面にあります。パソコン業界は製品の世代交代のサイクルが非常に早いので、新品でも2年以上経てば「型落ち品」のように扱われます。こういった状況を鑑みると、最初から中古製品を購入した方が低コストで入手できてお得です。
パソコンの頭脳にあたる「CPU」は「型落ち品」であっても一定以上の性能を持っていれば数年以上は動作に何の問題もないので、オフィスに大量のパソコン導入を考えている場合は「型落ち品」の中古パソコンを積極的に導入することで設備面のコストを大幅に削減することができるでしょう。最近のパソコンショップでは中古パソコンであっても保証をつけて販売している場合が多いので、購入直後の初期不良にも迅速に対応してもらえるというメリットもあります。
選定にあたって注意することは「職場で必要とされる性能基準」を満たしているかという点で、CPUやHDDの容量、グラフィック性能については事前に確認をしておくことをお勧めします。尚、一部のノートパソコンやデスクトップ型パソコンはパーツの換装が可能で、性能不足を後から補うこともできます。具体的には記憶領域のHDDをSSDに換装すると全体の動作が早くなるので、仕事を軽快に進めることができるようになります。